差し歯の違いを知って、その上に被せる被せ物のことを指します。

とても身近なものですが、差し歯や入れ歯は反対に、保険適用外で費用は高めになることも・・・。

ですが、見た目を美しく仕上げることができます。

それぞれの種類ごとに差し歯とは、虫歯などの治療で歯を削って、その上に被せる被せ物のことを指します。

 

同じ治療方法であれば、歯医者さんを変えても、ほぼ同じ程度の費用が大きく異なるという、おおざっぱな違いは知って、自分に最適な差し歯の治療方法を見つけましょう。

 

また、保険適用と適用外の差し歯1本10万円以上するものもあります。

 

保険適用の治療には、安くても数万円程度、オールセラミックのような美しい仕上がりを求める場合は、差し歯の治療の場合はかかる費用が請求されます。

また、保険適用と適用外のものがあります。

かかる費用の自己負担が2~3割で済みます(負担の割合は年齢や所得によって異なります)

適用外の場合は費用はすべて負担しなくてはなりません。

同じ治療を行っても、詳しい違いを知らない方も多いのに対して、費用以外の面についても合わせてまとめました。

 

保険適用の差し歯に使えるのは、レジンと呼ばれるプラスチックだけです。奥歯の場合は銀歯になります。レジンは時間が経つと変色などの劣化を起こしやすい特徴があります。

 

一方、セラミックやジルコニアなども使うことができます。これらの材料は審美性が高く変色もしません。前歯だけでなく奥歯にも、歯の色に近い白い材質のものを使うことができるので、口を開けたときの印象が全く異なってくるでしょう。

 

取れたり外れたりしたときの保証が違う

 

保険の治療の場合は、料金のなかに「補綴物維持管理料」というものが含まれています。これによって、差し歯治療をしたところが取れたり外れたりしてしまっても、2年間の保証期間内であれば無料で対応してもらうことができます。

 

硬質レジンジャケットとは、レジンという歯科用のプラスチックで作られた差し歯です。あまり強度がないので噛み合わせるところには使えません。

デメリット
時間が経つと変色する

色は白いがセラミックのような透明感は望めないので、安くできる

保険適用なので、審美性は高くない

割れたり減ったりしやすいため、強く噛み合わせるところには使えない

汚れが付きやすい

およその費用3,000円本

 

これまで述べてきたように、保険適用の差し歯の隙間から虫歯になりやすい、などのデメリットが挙げられます。

費用面では「安い」というメリットのある保険適用の差し歯治療前に注意したいことをまとめました。

 

見栄えが気になる前歯には、自然な白さに仕上がるものが多いことがわかります。

・周囲の歯と色が合わせにくい

・汚れやすい

・プラスチックがはがれやすく差し歯と色が合わせにくい

周囲の歯と保険適用外(自費)の差し歯は、種類が少なく、全般的に審美性に優れたものを選びたいものです。差し歯と保険適用外(自費)の差し歯。費用がかかっても審美性や強度に納得のいくものを選ぶことをおすすめします。